巻き爪の治し方巻き爪の予防

巻き爪の予防

巻き爪予防というのは、何事もそうなのですが、なってから慌てふためくのではなく、日頃から予防を心がけることがやはり大切だと思います。
最近では、予防医学などという言葉も広く知られるようになってきましたね。巻き爪の予防に効果的なのは、まず、普段、私たちが履いている靴を見直しましょう。なぜ靴かといいますと、巻き爪で悩まされている方のほとんどは、足の親指に症状があらわれているのです。原因として考えられるのは、生活習慣と物理的要因がほとんどだといわれていますから、普段履いている靴がツメに与えている影響を考える必要があるのです。

スポンサードリンク

つまり、足の形に合ったものを履いているかどうかが、巻き爪の予防には効果的だといえるようです。サイズが合っているからと油断してはなりません。
実は、足の形というのは人によって違っており、サイズは合っていても横幅が合っていなかったりもするのです。特に、ヒールが高いものや、つま先が窮屈なものを履いていると、親指に相当な負担がかかってしまいます。
これは、特に女性は気をつけたいところですね。パンプスやヒールは、やはりファッション性が高く、履き心地は2の次になってしまう場合が多いようですので、購入する際は、試し履きをきちんとする必要があります。
また、お店周りを少し歩いてみて、実際に歩き心地を確認してみるとよいでしょう。おしゃれに気を使う方は、デザイン性と機能性の両方を兼ね備えたものが見つかるとよいですね。
つま先が窮屈なものは良くないと書きましたが、実は、あまりぶかぶかなものもよくありません。というのも、歩くたびにつま先が靴に当たってしまい、そのたびにツメに物理的刺激が生じてしまうからです。
巻き爪の予防に効果的といわれている靴選びは、サイズだけを見て決めるのではなく、実際に履いて、できれば歩いてみて機能性も確かめて購入するようにしましょう。
そして、もう一つ巻き爪の予防に効果的だといわれているものに、ツメの切り方があります。切り方などあまり意識しないかもしれませんが、深爪をしないように気をつけましょう。
できれば、白い部分を1ミリほど残して、角が丸くならないようにして切るスクエアオフという切り方がよいようです。
ストッキングが破れてしまうことを気にして、ついつい深爪をしてしまう方もいるようですが、ツメの長さには気をつけたいところですね。

スポンサードリンク