巻き爪の治し方巻き爪の対策

巻き爪の対策

巻き爪対策の一つに、コットンパッキングとよばれるものがあります。ただし、これは対策といっても治療とはちょっと違い、症状を軽減させるものと言った方がよいかもしれません。ですので、巻き爪の症状が、非常に軽度なものに限って対処できる場合がある、くらいに捉えていた方がよいでしょう。このコットンパッキングという言葉、あまり聞き慣れないかもしれません。これは、その言葉どおり、コットン(綿)を使用します。この綿を、指の肉に食い込んでいる爪の端に詰めていくのです。

スポンサードリンク

こうすることにより、食い込んでいるツメを持ち上げる効果が期待できるでしょう。
指でコットンをつまんで小さく包めて詰めていってもいいのですが、少しやりにくいかもしれません。そのような時は、ピンセットを使用するといいでしょう。
ただし、気をつけていただきたいのが、一度に多くのコットンを詰め込んでしまわないことです。毎日、少量ずつ詰めていき、ツメが伸びてくるのを待ちましょう。
爪が伸びてきたら、それまで食い込んでいた肉にひっかからずに指の外に出てくることがあります。こうなると、まずは人安心ですが、全ての人が上手くいくという訳ではありません。
あくまでも自宅でできる簡単ケアとして捉えておくくらいがよいと思います。ですので、このコットンパッキングというやり方を少し試してみて、少しでも異常を感じたら、すぐに中止して専門医に診てもらうようにしましょう。
この方法が有効だと考えられるのは、あくまでも症状が軽度な方、初期の方であり、長期間、巻き爪を放置している方には向きません。
予防は自分で行なうことができますが、治療に関しては専門の方に診てもらうのが、やはり一番無難です。

スポンサードリンク