巻き爪の治し方巻き爪の切り方

巻き爪の切り方

みなさんはツメを切る際、形や長さなどを意識して切っていますか?「そんなの考えたこともないよ」「短くしてれば問題ないんじゃない」という方、実は、ツメは間違ったカットの仕方をしていると、巻き爪の原因になることもあるようです。巻き爪で悩んでいる人たちに、共通していることの一つとして、爪の切り方があるといわれていることをご存知でしょうか。それは、いわゆる「深爪」というものです。通常、伸びてきた白い部分を切るのですが、その白い部分が見えなくなるまでギリギリに切る人がいるのですが、これは止めた方がよいみたいですね。

スポンサードリンク

なぜこの深爪がいけないのかといいますと、それまでつめに覆われ、圧迫されていた部分の肉が表面にあらわれ、盛り上がってしまうことにあるからといわれているようです。
そして、その盛り上がった皮膚は、伸びてくるつめにとっては障壁となってしまうのです。本来、伸びていく方向に障壁があると、それが物理的要因となってしまい、ツメにいらぬ刺激を与えてしまうようですね。こうならないためにも、巻き爪は切り方に注意しなければなりません。
また、上手な切り方は、予防にもつながります。ポイントとしては、深ツメを避けるためにも、白い部分が見えないほどのギリギリまで切らないことです。伸びてきた白い部分が1ミリほど残るくらいがちょうどよい、ともいわれています。
そして、長さだけではなく、他にも注意点が一つあります。それは、形です。以前の私もそうだったのですが、ついつい円を描くようにカーブして切るクセがついていたのですが、巻き爪の予防として最適だといわれているのは、スクエアに切る方法です。
角をまるめて切らず、四角くなるようにできるだけ平行になるようにしてカットするようにしましょう。この切り方は「スクエアオフ」といわれているようです。
実はこのツメの形は、指先がとてもきれいに見えるという利点があるようですので、美しさという観点からもオススメですね。それと、すでに巻き爪に悩んでいるという方は、ツメ切りを変えてみるとよいかもしれません。
一般的な形のものは、カットする際に角度をつけづらく、また、厚みを帯びた爪を切るのにも力が伝わりにくいかと思います。
そこで、巻き爪専用のものが売られていますので、一度それを試してみてもよいかと思います。爪は一生伸び続けるものですので、決して余計な買い物にもならないのではないでしょうか。
また、身近に専用のものが売っていなければ、ニッパーを使用してみてもよいでしょう。幾分、角度をつけやすくなったり、力も入れやすくなるかと思います。

スポンサードリンク