巻き爪の治し方巻き爪の病院選び

巻き爪の病院選び

巻き爪病院選びは、一体どこの何科に行けばよいのか迷った方も多いかと思います。実は、巻き爪の治療には、絶対にこの科!というようなものはありません。一般的には、皮膚科、形成外科、美容外科、一般外科で診察・治療をすることができます。ですが、病院選びのポイントは患者にとってベストな治療法を考えてくれるところではないでしょうか。というのも、巻き爪の治療法には、矯正と手術があり、矯正にもワイヤーやプレートを使用する方法、手術にも鬼塚法やフェノール法と様々な治療法があります。

スポンサードリンク

それにも関わらず、病院によっては単に爪を引っこ抜いたり、切ったりするだけ、というところも少なからずあるようです。
本来であれば、患者の都合や症状に合わせた治療法を進めていくのが病院の役割なのです。様々な治療法があることを知らない患者にとっては、病院で手術を薦められたらそれに従ってしまうしかありません。確かに、手術だと術後の治りは早いかもしれませんが、再発の可能性は矯正よりも高いともいわれているようです。
そのようなことを考えると、人によっては時間がかかってでも矯正の方がよいと答える人もいるでしょう。巻き爪の治療というものは、治るということだけでなく、再発の可能性も視野に入れておいた方がよさそうです。
矯正なのか、手術なのか、そのあたりを考慮し病院を選ぶといいかもしれません。また、病院によっては矯正しかやっていないところ、手術しかやっていないところ、両方やっているところと様々です。
ですので、事前にどのような治療法を行なっているのかをチェックしておいた方がよいでしょう。もちろん、診察の際は、症状や患者の都合を考慮してくれて、それに合った治し方を提案してくれるところを探すようにしましょう。
矯正と手術のメリットとデメリットも、予めきちんと聞いておくと、安心して治療に臨むことができると思います。

スポンサードリンク